in 京生活 のほほん物語-lifehack 上手に生きるための知恵

デフレ脱却とか日本の政治家は言っていますが、これでいいのでしょうか? 生活はどんどん苦しくなって行きますが、節約を楽しく考えるとラクになります。

lifehack それは、生きるのが難しくなったことに気がついた人たちが、探し出した日々を楽しく過ごすためのテクニックです。

気になるニュース:グーグル、「無料モデル」曲がり角!

気になる木になるりんごニュース!


2008年に世に出た携帯端末向けの基本ソフト(OS)「アンドロイド」は、どの端末メーカーも無料で使えるという新しい発想で、巨大なシェアをグーグルにもたらしました。

アメリカのガートナーによると、アンドロイドOSを搭載したスマートフォンの世界シェアは2009年1~3月期はわずか1.6%でしたが、18年1~3月期は86%と市場を独占していると報告しています。

さて今回、EUが問題視したのは、グーグルが支配的シェアを利用して自社の検索アプリと閲覧ソフトの「抱き合わせ」搭載を端末メーカーや通信会社に求めた点です。

詳しくいうと、グーグルはアンドロイド向けアプリを配信する「グーグルプレイ」を搭載するかわりに、同社の検索ソフトと閲覧ソフトを必ず入れるよう要請し、他社OSが入った端末を売らないインセンティブ(奨励金)も払っていることをEUが指摘しているのです。

今回の制裁金5700億円はグーグルとして前例の無い規模です。

しかし、グーグル親会社のアルファベットの18年3月末の手持ち現預金は10兆円を超えているので、大きな痛手になるようなことはありません。

本当の損失は、無料を軸とする独自のビジネスモデルに当局が介入する余地を与えたことだと言えます。

EUの命令に従った場合、端末メーカーは検索やブラウザーで他社製を採用していくでしょう。グーグルにとってユーザーのデータ収集や広告表示の収益源である検索やブラウザーの拡散力が確実に弱まります。

ご存知のように、グーグルの売上高のうち約86%は広告収入になっています。人工知能(AI)開発やクラウドなど先進事業の成長が目立ちますがが、その裏には検索などの無料サービスで集めたデータを生かした高収益の広告事業があるのです。

広告事業でもスマホ向けの比重が高まるなか、中長期で経営に響きかねないでしょう。

しかし、ここまで、グーグルが成長したのは、自社が開発したアンドロイドOSを惜しげもなく、無料で企業に提供したことから始まっています。

このようなことができたのはグーグルの先見の銘があったからだと言えるのではないでしょうか?

僕は、このことをモデルにして、新しい発想の「無料モデル」をどこかの企業が開発してくれる方を望んでいます。

大きな企業に発展してから、莫大な制裁金を課すというのは、フェアーでないし、いままで指摘しなかったことを考えると、何かしっくりこないものがあるのですが、どうでしょう?


今日の節約朝食!


毎日、うだるよな暑さが続いています。

それでも、働かなければなりません。

そのためのエネルギーは朝食です。

その前に、僕は起きると、「TRIM」の水素水をまず飲みます。

これが、習慣になっています。結構、体の調子が良いように思います。

さて、今日の朝食のメニューです。キウイのヨーグルト、コーンフレーク、サラダです。



キウイはもらいもの、ヨーグルトやコーンフレークは激安ドラッグストアーで購入したもの、きゅうりは庭になっていたものなので、100円くらいの朝食でしょうか?

他にも、ゴーヤやレタス、ピザ用にバジルを植えています。

下の写真はすべて自宅の庭で収穫したものです。



この中でゴーヤはきびしい夏でも、たくさん収穫でき、日よけにもなるのでおすすめです。

木になるニュース:少年ジャンプが西日本豪雨で配送に影響の出た32号を特別無料配信!

木になる気になるニュース!


先々週、西日本を豪雨が襲いました。

気象庁が台風以外で緊急会見をしたのは、初めてだということです。

街が水没するほどの大雨にさらされ、現在も続く復旧作業。そんな中、漫画雑誌 週刊少年ジャンプの神対応が話題になっています。

物流にも大きな影響を及ぼした西日本豪雨。

僕の住んでいる高知県では、高速道路に架かっている橋が崩落したほどです。

このときは、さすがに県外からの安い「もやし」や「バナナ」などの入荷は0でした。

もちろん、少年ジャンプの配送も例外ではなく、7月9日発売の32号は被災地を中心に、配送が大幅に遅れたり、届けられないという状況が続いていていました。この状況を受け、週刊少年ジャンプ編集部は以下の発表を行いました。

「今回、緊急措置としてインターネット上で、週刊少年ジャンプ32号を配信することに致しました。一人でも、多くの皆様に作品をお届け出来ればと思っております。この度、被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます」


なんと、32号を特別配信することを発表したのです。なお、公開期間は7月31日までとのことでした。



少年ジャンプ32号の購読は、下記のリンクから行えます。

https://www.shonenjump.com/p/sp/1807/wj32/




たかだか、漫画のことかも知れませんが、自分たちの関わることで、まずできることを行おうという姿勢は素晴らしいと思います。

顧客をいかに大切にしているかもわかります。

それに比べて、今の政権は、豪雨の被害をないがしろにして、「カジノ法案」のことばかり考えているように思えてなりません。

国は国民を守るために存在しなければなりません。国民を守れないで、だましたり、利用することばかり考えている国は滅んだ方が良いと思います。

週間少年ジャンプの姿勢を少しは見習ってほしいと思います。

節約生活:楽しみながら節約生活!

楽しみながら節約生活する方法


何もかもが値上がりして、生活費はおそらく一割近くは増えていると思います。

デフレ脱却とか日本の政治家は言っていますが、これでいいのでしょうか?

生活はどんどん苦しくなって行きますが、節約を楽しく考えるとラクになります。

僕のやっている方法を少し紹介させてください。

1 旬のものを食べる。

今年に入って野菜が高騰しました。

たよりのもやしも出荷も少なくなっていたのですが、19円で手に入ったので、野菜が高い時は「もやし」の出番でした。

それも、今では25円になっていますが、安い部類でしょう。

2 安い店を探す。

何かを購入するとき安く購入できる店を探すのは当たり前のことでしょう。

今、喫茶店のモーニングサービスは安くて500円ですが、探せば450円のところがあります。

下の写真は450円のモーニングサービスです。

自家製の焼きたての食パンと自家焙煎のコーヒーです。




3 市町村などが運営している施設を利用する。

図書館やスポーツセンターを利用すれば、ほとんどお金はかかりません。

特に、図書館は冷暖房完備のところが多く、そこで過ごせば光熱費さえ浮かすことができます。
ギャラリー
  • 気になるニュース:北海道放送 テレビを停電で見ることができない道民のため YouTube で放送中!