in 京生活 のほほん物語-lifehack 上手に生きるための知恵

デフレ脱却とか日本の政治家は言っていますが、これでいいのでしょうか? 生活はどんどん苦しくなって行きますが、節約を楽しく考えるとラクになります。

lifehack それは、生きるのが難しくなったことに気がついた人たちが、探し出した日々を楽しく過ごすためのテクニックです。

2018年09月

気になるニュース:100円ショップの食品コーナーが助かる!

気になる木になるりんごニュース!


いよいよ、定年退職まで、半年になりました。

何とか、副業を探して、生活ができるようにしなければならないと思い、書店で副業やアフィリエイトの本を買っては読んでいる次第です。

そういえば、おもしろい副業が購入した本に紹介されていました。

無料で手に入れられるものをお金に変えようというものです。

その一つに、「シーガラス」を海岸で拾って、販売するというものがあったので、実際に海に出かけてみました。

「シーガラス」はあるところにはあいますが、ないとなると、とことんないです。全く拾うことができません。

不思議なもので、慣れてくると、どんなところにあるのかわかってきます。

下の写真は、1時間くらいで拾い集めた「シーガラス」です。少し貝殻も混じっています。(笑)



これが、実際に売れるのか?不思議でしたが、妻が「ハーバリューム」を作るのに「シーガラス」使っているのをみて、売れるのがわかりました。



「シーガラス」だけだと、利益を得るのは難しいかもしれませんが、「ハーバリューム」などを作成するなどの付加価値をつけると、 面白い副業になるかもしれません。

100円ショップの食品コーナーが助かる!


退職するとなると、食生活についても見なおさなければなりません。

僕の生活の中で、まっ先に見なおさなければならないことは、「食品の保存」に関してです。

今は、定まった給料をもらっているので、痛切には感じませんが、賞味期限を過ぎて、廃棄してしまう食品が、多いことに驚きます。

安かったからといって、大量に購入し、食べられないことで、廃棄してしまうほど、もったい無いことはありません。

上記のことを考えた時、「100円ショップ」で購入できる食品は、割高のものが多いですが、適量のサイズのものが多く、実際には 節約につながるものが少なくありません。

今回は、僕が利用している100円ショップの食品の中で、お勧めのものを紹介したいと思います。

わたりがに缶詰




ダイソーでよく見かける「わたりかに缶詰」、かにチャーハンや野菜サラダ、かに玉をつくるには「持って来い」です。

賞味期限も、おそろしく長いので、食べられなくなることは、まずありません。

ケンミン 焼きビーフン




ケンミンの焼きビーフン。お米で作っている麺ですが、もっちりしておいしいです。

野菜やベーコンと一緒に調理すると、ひと袋で軽く2人前はできます。

実際につくった 焼きビーフンです。



あっさり少なめカップヌードル


最後は「あっさり少なめカップヌードル」です。

名前の通り、ほんの少し量が少ない仕上がりになっていますが、僕にはちょうどです。

100円で手に入るカップヌードルなので、お得感があります。



これから、定年退職をして、節約して生活していかなければなりませんが、安いものでも美味しい物を探したり、楽しい副業を見つけたりしながら、生活したいと考えています。

気になるニュース:北海道放送 テレビを停電で見ることができない道民のため YouTube で放送中!

気になる木になるりんごニュース!


9月6日(木)、北海道で震度6強の地震があったとの速報で目が覚めました。

NHKが北海道内各地の警察や消防などを取材したところ、午前9時半現在、今回の地震で少なくとも120人がけがをし19人の安否が分かっていないということです。

震度の情報が入っていないものの、震度6強の可能性がある厚真町では、警察によると、大規模な土砂崩れが起きた吉野地区では、およそ40人の住民のうち、これまでに10人余りの無事が確認されたほか、およそ10人をヘリコプターで救助できたものの、19人の安否が分かっていないということです。

また、安否が分かっていない19人に含まれるかどうか分かりませんが、厚真町によりますと、吉野地区で、およそ5人が土砂崩れに巻き込まれたという情報があるということです。

詳しくは下記の NHK NEWS WEB を見てもらうと良いと思います。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180906/k10011612161000.html

それにしても、「西日本豪雨」「関西空港被害」「北海道地震」「熊本地震」など続けざまに大きな被害を受けてているのが気になります。

さらに気になるのが今回の地震で、泊原子力発電所の外部電力が閉ざされていることです。

泊原子力発電所は、3基の原子炉があり、いずれも運転は停止中で、北海道電力によると、停電のため、外部からの電源が供給されていない状態になっているのです。

現在は、非常用ディーゼル発電機6台を起動し、燃料貯蔵プールに入っている核燃料は安全に冷却できているということらしいです。

非常用ディーゼル発電機の燃料の軽油は敷地内に備蓄されていて、仮に3基の原子炉が運転していた場合でも、最低で7日間、発電機が稼働し続けることができる蓄えがあるということですが、7日間以上、外部から電源が供給されないことを考えると、 ぞっとします。

福島原発での惨事を思い出さずにはいられません。 しかし、この停電という混乱の中で、北海道放送が、テレビを見ることができない人のために、YouTube で情報を発信しています。

https://www.youtube.com/watch?v=qcb8Ig56JSA&feature=youtu.be



これこそ、報道の責任と原点です。

情報が入らないと言うことほど、不安に陥れるものはありません。
ギャラリー
  • 気になるニュース:北海道放送 テレビを停電で見ることができない道民のため YouTube で放送中!