イントロダクション:


僕は、60歳で定年退職、その後再就職、65歳になるときに完全にリタイアしました。

少しまとまった時間が取れそうなので、ずっと使っているLinuxを一から勉強し直そうと思いました。

今回は、6回目になります。

前回は、世界で最も人気のあるディストリビューションである MX Linuxをインストールしました。

今回は、MX Linuxを利用して、新しいデュトリビューション BookWormDog を作成してみることにします。

ディストリビューションを作成するといえば、なにか難しそうですが、たった一つのスクリプトを動作させるだけで、完成してしまいます。







Linux BookWormDogは、最新のLinuxディストリビューションの一つです。

今回はBookWormDogを作成したいと思ったきっかけは、単独でダウンロードできるサイトがないことや軽量でありながら本格的なLinuxとして、活用できると考えたからです。

Linux BookWormDogとは何か


Linux BookWormDogは、最新のLinuxディストリビューションの1つです。

Debianベースの軽量で高速なオペレーティングシステムであり、古いコンピュータでの使用も適しています。

完成した ISOのファイルサイズは438MBしかありません。

今回は、BookWormDog の作成を行いますが、作成したものをダウンロードできるようにする計画でいます。

BookWormDogは、カスタマイズ性が高く、好みに合わせてパッケージを追加、削除、変更することができます。

自分好みのLinuxを作成してみてください。

さらに、BookWormDogはフルーガルインストールもできるので、他のデバイスで動作させたいときは、BookWormDogのフォルダーをコピーするだけです。




BookWormDogを使用すると、システムの速度と安定性が向上し、快適な環境を手にすることができます。

作成とインストールは比較的簡単で、手順に従ってすぐに利用できます。



Linux BookWormDogの作成手順


Linux BookWormDogの作成手順についてお話しましょう。

まず、「必要な材料」として、パソコン、インターネット接続が必要です。

それでは、インストール手順に進みましょう。

最初に、公式の「Welcome to Dog Linux」のウェブサイトを訪れ、Bookworm build script をダウンロードします。

Welcome to Dog Linuxへのリンク

必要な「材料」はこれだけです。




https://forum.puppylinux.com/viewtopic.php?t=5069

上記から、mklive-bookworm.gz をダウンロードして、gzを削除、実行権限を加えます。

ターミナルを起動して、

mklive-bookworm -gui を実行します。




すると、下記のような画面が現れます。




ここで、好きなものを選択すれば良いのですが、おすすめは 「ObDog」です。

OK を選択すると、下記のような画面が現れますが、大切なのは、「Settings」のタブです。




「Settings」を選んで、「Create ISO with UEFI support」にチェックを入れます。

これを行わないと、ISOファイルを作成してくれません。




OK を押すと、BookWormDog の作成がはじまります。




作成の途中で、keyboardの設定やroot,puppy のパスワード を聞いてくるので、設定します。




また、最後に ファイルを gzip、xzのどちらで圧縮するか決定します。僕は、xz を選びました。

終了すると、

DebLive_bookworm-amd64-UEFI.iso という ISOファイルが作成されています。

さて、これでLinux BookWormDogの作成手順は完了です。



BookWormDog のダウンロード


MX Linux を使えば、BookWormDogを作成することができますが、今回作成した BookWormDogのISOファイルをダウンロードできるようにしておきます。

DebLive_bookworm-amd64-UEFI.iso のダウンロード

BookWormDog ができあがったので、Linux BookWormDogの世界をたのしみましょう!



Linux BookWormDogのインストール方法


Linux BookWormDogをインストールする方法は非常に簡単です。

BookWormDog は、見た目や動作そのものは、PuppyLinuxのように作成されていますが、実は、Debian の構造は変更されておらず、Debianのドキュメントは BookWormDog に対して100%有効です。

もちろん、apt-get または synaptic を使用して、すべてのリポジトリにアクセスできます。

つまり、本格的なLinuxなのです。

その本格的なLinuxが、PuppyLinuxのようにフルーガルインストールできてしまうのです。



フルーガルインストール liveフォルダーをコピーするだけ


次に、BionicPup や DpupStretch7.5 などのPuppyLinuxで、ダインロードしたISOファイルを開いて、live フォルダーを丸ごとコピーします。

コピーするのは、live フォルダーだけでかまいません。







僕が、Dog系のLinuxを使う大きな理由は、本格的な? Linuxがフルーガルインストールできることです。

この便利さを知ってしまったら、なかなかインストールメディアを作成するLinuxには戻れません。



grub4dos または grub の設定


他のPuppyLinuxもインストールしている環境で、BookWormDogの起動に grub4dos を使用する場合は、menu.lst に下記のスクリプトを追加します。

title BookWormDog (sdb3)
root (hd0,2)
kernel (hd0,2)/BookWormDog/live/vmlinuz1 noauto from=/BookWormDog/ changes=/BookWormDog/live/
initrd (hd0,2)/BookWormDog/live/initrd1.xz

(hd0,2) は、1番目のハードドライブ、3番めのパーティションにBookWormDogをインストールしたことを表しています。

BookWormDog はインストールするために作成したフォルダー名です。つまりliveフォルダーをコピーした場所になります。

一方、grub.conf に記述して、BookWormDog を起動する場合は、grub.confに下記を追加します。

menuentry "BookWormDog (sdb3/BookWormDog)"{
set root='(hd0,2)'
search --no-floppy --fs-uuid --set=root 4b77cab6-bbb5-4334-856e-f8c194af595b
linux /BookWormDog/live/vmlinuz1 root=UUID=4b77cab6-bbb5-4334-856e-f8c194af595b from=/BookWormDog/ noauto changes=/BookWormDog/live/
initrd /BookWormDog/live/initrd1.xz
}

linux /BookWormDog/live/vmlinuz1 root=UUID=4b77cab6-bbb5-4334-856e-f8c194af595b from=/BookWormDog/ noauto changes=/BookWormDog/live/

は1行なので注意してください。

また、4b77cab6-bbb5-4334-856e-f8c194af595b はパーティションのuuidです。これは、ターミナルを起動して、blkidなどのコマンドで調べることができます。



BookWormDog の英語モードでの起動


以上で、英語モードで起動できるようになりました。

画像は、すでに日本語化が終了しているものです。

BookWormDogの日本語で表記するために


BookWormDogを日本語で表記するために、日本語フォントを導入します。

まず、wifi を設定してインターネットに接続します。

接続ツールにはPeasyWiFiが導入されているので、簡単にネットに接続できるでしょう。

1 準備として、/etc/apt/sources.list を編集します。 ターミナルから、 sudo leafpad /etc/apt/sources.list を実行し、下記の部分を追加しました。

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ bookworm main contrib non-free




次に、キーボードのレイアウトを日本語にしましょう。

ターミナルから sudo leafpad /etc/default/keyboard と入力します。

XKBMODEL="pc106"
XKBLAYOUT="jp"

に変更します。変更したら保存してくださいね。

または、BookWormDogのメニューには、Set ketboard layout があるので、そこら起動して設定してもOKです。

日本語フォントのインストール


ここで、Synaptic パッケージマネージャ から日本語フォントをインストールします。

僕は、takaoとVLゴシックを入れました。fonts-takaoとfonts-vlgothicを検索して、インストールすればOKです。

最近、人気のフォント noto-cjk を導入しても良いと思います。




ここで、アップデートしておきましょう。(しなくても不都合はないと思いますが。)

# sudo apt-get update

# sudo apt-get upgrade

ロケールを入れて日本語に変更


いよいよ、日本語表記にするためにロケールを設定します。

ターミナルから

# sudo apt-get install locales

# sudo dpkg-reconfigure locales

または、BookWormDogのメニューから、Set Locale/Language を選択しても良いでしょう。




ja-JP.UTF-8 を選択します。

確認のために、leafpadなどで、下記を開いて、コメントアウト部を削除します。(すでに、削除されていると思いますが・・・)

sudo leafpad /etc/locale.gen

#ja_JP.UTF-8 UTF-8 (変更前)

ja_JP.UTF-8 UTF-8(変更後)

変更した場合は設定を次のコマンドで反映します。

一度再起動しましょう。

# sudo locale-gen

ja_JP.UTF-8

続いて、日本語環境に設定します。

下記のコマンドをターミナルから実行します。

# sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

# sudo LANGUAGE="ja_JP:ja"

# sudo source /etc/default/locale

次のコマンドで、ja_JP.UTF-8 と表示されればOKです。

# sudo echo $LANG

ja_JP.UTF-8

ロケール設定確認


再起動して、端末でロケールを確認します。すべての日本語設定はこのようになっています。

# sudo locale




すでに、メニューなどが日本語化されているはずです。




タイムゾーンの設定


時刻の設定をします。下記のようにターミナルから入力します。

# sudo dpkg-reconfigure tzdata

Asia→Tokyo を選択します。




または、メニューから Setup Timezone を起動しても良いと思います。



iBus Anthy fcitx Mozcのインストール


BookWormDogは rootで起動したり、一般ユーザーで作業したりと切り替えながら操作できます。

しかし、rootでは、日本語変換 mozc が起動しないため、Anthyを導入することにしました。

ターミナルを起動して、

# sudo apt install --install-recommends kasumi ibus-anthy im-config

im-configを端末から起動させようとしたとき、zenity が足りないと言われたら、Synapticパッケージマネージャからインストールするか、

-c オプションをつけて、下記のようにターミナルから im-config を起動してもよいでしょう。

zenityのような大きなファイルをインストールせずにすみます。

# sudo im-config -c




root 環境では ibus anthy を選択しました。

これで、root でも、日本語変換ができるようになりました。

また、一般ユーザーモードで日本語入力では mozc を使いたいので、

まず最初に fcitx 、fcitx-mozc 及び推奨パッケージをインストールします。

ここでは、推奨パッケージを同時にインストールするため、「--install-recommends」オプションをつけて、端末からインストールしていきます。

$ sudo apt install --install-recommends fcitx fcitx-mozc

従来の方法、Synaptic からの fcitx-mozc のインストールでは、推奨パッケージのインストールが不完全なため、追加パッケージが必要となっていました。

そして、問題なのは何が足りないのか分からないことです。

今回のインストールでは、下記のように必須のモジュール群が追加インストールされています。これらがないと mozc が立ち上がらないようです。

・fcitx-frontend
・fcitx-config
・fcitx-module
・zenity



一般ユーザー、rootで切り替えながら仕事をする方法


mozc はユーザーモードでしか動作しませんので、ここで puppy へ切り替えます。

・Ctrl+Alt+F2 でログイン画面へ

・puppy、puppy でユーザーモードへ

・startx でユーザーモード起動

ルートモードへ戻るには Ctrl+Alt+F1、その後、ユーザーモードへ行くには Ctrl+Alt+F2、ルートとユーザーを F1 と F2 で行ったり来たりできます。

・ルートモード : Ctrl+Alt+F1

・ユーザーモード : Ctrl+Alt+F2

システムをメインテナンスをするには、rootで作業、普段は、一般ユーザーで作業するなど、とても便利に使っています。

root での起動画面




一般ユーザー puppyでの起動画面(実際は、adduserユーザーを追加、自分のログイン名でログインしています。)






inux BookWormDogの利点


速度と安定性


Linux BookWormDogは、その速度と安定性において他のLinuxディストリビューションを凌駕しています。

もし、高速で安定したパフォーマンスを求めているのなら、このディストリビューションが最適です。

快適な作業環境でストレスなく作業することができます。

カスタマイズ可能性


Linux BookWormDogは、カスタマイズ可能性の高さでも知られています。

あなたが自分の好みに合わせてディストリビューションをカスタマイズしたい場合、BookWormDogはあなたにぴったりです。

ユーザーフレンドリーなインターフェースと豊富なカスタマイズオプションが用意されています。

速度と安定性、そしてカスタマイズ可能性の魅力に引かれて、Linux BookWormDogの世界へ飛び込んでみましょう!



おわりに


Linux BookWormDogの作成とインストールの詳細な手順を学びまた。

さて、おわりにまとめると、Linux BookWormDogは高速かつ安定性に優れ、カスタマイズ性も高いオペレーティングシステムです。

イントロダクションでは、Linux BookWormDogの概要を見てきました。

これは短い紹介でしたが、本当の魅力はまだまだあります。

BookWormDogをぜひインストールしてみてください。