快適な仕事環境を実現する方法:PuppyLinuxとanydeskの導入


初心者でもわかるように、PuppyLinuxのfossapup64-9.5をUSBメモリにインストールし、高速なリモートデスクトップのanydeskを導入する方法をご紹介します。

これにより、Windowsだけでなく、自宅のLinuxマシンにも接続できる環境を構築し、仕事がはかどる快適な環境を提供します。

さらに、場所を選ばずに仕事ができる利便性も実現できます。




Screenshot(14)



メリット:




1 快適な仕事環境の構築が可能

2 Windowsだけでなく、自宅のLinuxマシンにもリモート接続できる

3 職場から自宅のLinuxマシンにアクセスすることで、自宅のPCの性能を活用できる

4 自宅のLinuxマシンに保存されたデータにアクセスできる

5 Linuxマシンの環境で開発・テストを行い、効率的な仕事ができる

6 WindowsやLinux間のデータのシームレスなやり取りが可能

7 場所を選ばずに仕事ができる

デメリット:




導入手順を理解するまでに少し時間がかかるかもしれない

ステップバイステップで解説




1 PuppyLinuxのfossapup64-9.5をダウンロードします。

2 公式サイトから無料で入手できます。

3 日本語版も提供されています。

Fossapup64 9.5 日本語化版 シンプル

4 USBメモリを用意し、フォーマットします。

5 fossapup64-9.5のISOファイルをUSBメモリに書き込みます。

専用のツールを使用して簡単に行えます。

WIndowsのソフトであれば「Rufus」が有名です。

6 USBメモリをPCに接続し、起動し、メニューから「Puppyユニバーサルインストーラ」を選択しUSBメモリや内部ディスクにインストールします。

どこでも、持ち運んで仕事ができることを考えると、USBメモリにインストールが良いでしょう。

いろいろなインストールの方法がありますが、Frugalpupがおすすめです。




7 インストール後、USBメモリを抜いて、PuppyLinuxが起動すれば成功です。

8 PuppyLinux上でanydeskのインストールを行います。

fossapup64-9.5のPuppyパッケージマネージャにはanydeskが登録されているので簡単です。




9 anydeskが正常にインストールされたら、自宅のLinuxマシンにもanydeskをインストールします。

10 職場から自宅のLinuxマシンに接続するため、anydeskのIDを使ってリモートデスクトップ接続を行います。




11 Linuxから自宅のWindowsに接続しているところです。




これで、PuppyLinuxをUSBメモリにインストールし、anydeskを導入する手順が完了しました。

職場から自宅のLinuxマシンにもアクセスできる環境が整い、さらなる仕事の効率化が期待できます。

低コストで手に入るUSBメモリだけで、多様な環境での作業を実現できる点も魅力です。

*まとめ


PuppyLinuxのfossapup64-9.5をUSBメモリにインストールし、anydeskを導入することで、快適な仕事環境を手に入れましょう。

Windowsだけでなく、自宅のLinuxマシンにもリモート接続できることで、さらなる便利さと効率性が向上します。

ぜひこの手順を試して、快適な環境で仕事を楽しんでください。