USBメモリ一つで快適な仕事環境を手に入れよう!


今回は、USBメモリを利用してフルーガルインストール可能なOSの種類を具体的に取り上げながら解説します。

1000円程度の安価なUSBメモリを用意するだけで、あなたの仕事環境が劇的に改善する方法をお伝えします。

さらに、小さなUSBメモリに複数のOSを共存させる方法をステップバイステップで詳細に解説します。




Screenshot(18)



USBメモリを利用した仕事環境の改善




多くの人がPCやノートパソコンを使用して仕事をしていますが、特定のOSに依存していることで、作業効率が低下したり、セキュリティ上のリスクを抱えることが往々にしてあります。

USBメモリを利用してフルーガルインストール可能なOSを持ち運べば、どんなPCでも自分の仕事環境を構築できるため、さまざまなメリットがあります。

USBメモリにフルーガルインストール可能なOSの種類


僕がたった一つの64GBのUSBメモリにインストールしている6つのディストリビューション




6つのディストリビューションがインストールされているUSBメモリ




USBメモリにインストールできるフルーガルOSの代表的な種類をご紹介します。

1. PuppyLinux Pup系: フルーガルインストールできるディストリビューションでは、もっとも有名なものでしょう。人気のあるOSです。

PuppyLinux本家

peabee/releases

Puppy Linux Discussion Forum

Puppy Linux 日本語 フォーラム

この中でおすすめなのが、Fossapup64 9.5 日本語化版 シンプル です。

Fossapup64 9.5 日本語化版 シンプル のリンク

僕の Fossapup64 9.5 の画面です。




2. PuppyLinux Dog系: PuppyLinux と名前がついてますが、本格的なLinuxです。

rootと一般ユーザーを切り替えながら作業ができます。

Welcome to Dog Linux




僕は、Bookworm build script を使って、BookwormDog を作成しました。

このOSは、Pup系のPuppyLinuxが一般的に使っている rootでのアプリケーション起動ができない場合によく使っているOSです。




使いやすさと多機能性が特徴で、ビジネスからクリエイティブな作業まで幅広く対応できます。

3. SparkyBonsai: PuppyLinuxの仲間ではないと主張しているOSです。本格的で軽量なLinuxです。

本来なら、osdn がメインのウェブサイトになっているのですが、ここ数日アクセスできないので、下記のリンクを掲載します。

https://archive.org/details/Puppy_Linux_SparkyBonsai

Sparky Bonsai v2.1, a mix of DebianDog




Sparkybonsaiは、軽量なので古いPCでもサクサク動作します。

4. MX Linux: 中軽量なLinux OSで、USBメモリに導入しても高速に動作します。

世界でもっとも人気のあるOSです。

僕が、メインに使っているOSです。

MX Linux

MX-Linux SourceForge

僕の MX Linux環境です。




5. antiX: MX Linuxの仲間です。MX Linux よりさらに軽量です。

antiX Linux

antiX-Linux SourceForge




日本語化が少し複雑な部分がありますが、下記のサイトを参考にすればOKです。

超軽量 antiX-22をフルーガルインストール 日本語してみる! antiX-22が公開されたので、フルーガルインストール日本語化してみたいと思います。 antiX、MX Linuxは親戚同士のような関係だと思っていますが、日本語化、日本語入力に限って...



6. andorid-x86:モバイル用の Android を x86 系のコンピュータで使用できるようにした 古いパソコンのリユースに最適なOSです。

Android-x86

android-x86 SourceForge

僕の andoroid-x86 環境です。




7. PrimeOS:PrimeOSは、PC上でAndroidの環境を実現するためのオペレーティングシステムです。マルチウィンドウズ環境を実現できます。

PrimeOS

PrimeOS SourceForge

僕のPrimeOS環境です。




8. open.Yellow.os open.Yellow.osとは、日本発のフリーのOSで、Linuxディストリビューションのひとつです。もちろん最初から日本語されています。 こういうOSが増えていくことを願います。

「open.Yellow.os」公認サイト

フルーガルインストールの方法は下記のリンクを参照にしてください。

日本製Linux「open.Yellow.os」の正式版が公開されました! open.Yellow.osとは何か? open.Yellow.osとは、日本発のフリーのOSで、Linuxディストリビューションのひとつです。 Linuxとは、世界中で使...



USBメモリに複数のOSを共存させる方法




USBメモリに複数のOSを共存させる方法は以下の通りです。

1. USBメモリをフォーマットする。

2. ブートローダーをインストールする。

3. 各OSのフォルダーを作成し、フルーガルインストールを行う。

各OSのインストール後には、ブートローダーによって起動時にどのOSを使用するか選択できます。

注意点として、USBメモリの容量に注意し、必要なデータがすべて入るようにしましょう。

場所を選ばない仕事環境の実現




USBメモリにOSをインストールすれば、場所を選ばずに仕事ができる環境が実現します。

自宅、オフィス、カフェ、出張先など、どんな場所でも自分の仕事環境を持ち運べます。

さらに、PCのトラブル時にはUSBメモリを利用して別のPCで作業を継続できるため、仕事の中断を最小限に抑えることができます。

*USBメモリの利用で快適な仕事環境を手に入れよう!
USBメモリにフルーガルインストール可能なOSを導入することで、快適な仕事環境を手に入れることができます。

1000円程度のコストで、あなたの仕事の効率がアップし、場所を選ばずに仕事ができる自由を手に入れましょう。

USBメモリの活用方法を知って、あなたの仕事スタイルをより便利で効率的なものに変えてみてください。